台湾旅行におすすめの台湾eSIMを徹底解説!即日発行でおすすめは3日間プラン!

台湾旅行におすすめの台湾eSIMを徹底解説!即日発行でおすすめは3日間プラン!

投稿者いーしむぅ投稿日:

台湾旅行で気になるのがインターネット回線。
今じわじわと流れが来ているeSIMをご存知ですか?
設定方法やメリットデメリットをまとめてみました。
あなたもeSIMから離れられなくなるはず!

 

台湾旅行を快適にするeSIMとは?

eSIMとはスマホに内蔵されたSIMにデータをダウンロードして、モバイル回線を利用する仕組みです。
国内で事前に設定し、台湾に到着したらすぐにインターネットに接続ができます。
データをダウンロードするので、帰国後に返却の必要がありません。
また購入から設定までオンライン上で行えるので、とても便利です。
データ容量と日数のカスタマイズが自由で自分に最適なプランが選べます。

eSIMとSIMカードの違い

eSIMとSIMカードの違いは4つです。
  • SIMカードの入替え
  • 申込から利用までの時間
  • 対応機種数
  • 申込後のキャンセル
      1. eSIMはSIMカードと違って物理的に入れ替える必要がありません。SIMカードは繊細で破損と紛失に気を使います。eSIMのほうが安心に利用ができます。
      2. eSIMとSIMカードは注文から利用開始までの時間も違います。eSIMなら最短当日からの利用ができ、SIMカードは郵送を待つ必要があります。
      3. ただ厄介なのが対応している機種数です。eSIM対応の機種は増えていますが、ご自身のものが対応しているか確認しましょう。
      4. また申込後のキャンセルにも注意です。eSIMは申込後にすぐに発行されてしまうので、キャンセルや返品が難しいです。

      台湾eSIMの設定方法・使い方

      注文から利用開始までの流れは4つのSTEPで構成されています。
      1. お使いの端末がeSIMに対応しているかの確認
      2. WebサイトからeSIMを購入
      3. メールが届くので、QRコードを使ってeSIMをダウンロードする(渡航前の設定)
      4. 現地に到着後、設定をする(渡航後の設定)
      ※帰国後は日本の回線に戻す
      まずはお使いの機種がeSIMに対応しているかを確認しましょう。
      機種は対応しているけど、契約しているキャリアによってeSIMが対応していないこともあります。
      またSIMロックが解除されているかも確認しましょう。
      1-1.eSIM対応端末の確認
      iPhoneの場合
      1. 設定を開く
      2. モバイル通信を選択する
      3. eSIMを追加の表示があるか確認
      Androidの場合
      1. 設定を開く
      2. ネットワークとインターネットを選択
      3. SIMを選ぶ
      4. QRコード読み取り画面が開けるか確認
      ※Androidの場合は機種によって確認方法が多少異なります。詳しくは各端末の説明書に従ってください。
      1-2.SIMロックが解除されているかの確認
      iPhoneの場合
      1. 設定を開く
      2. 一般を選択して情報を開く
      3. 画面下部のSIMロックの項目を確認
      Androidの場合
      1. 設定を開く
      2. デバイス情報を選択する
      3. SIMカードステータスをタップする
      2.WebサイトからeSIMを購入
      台湾eSIMのページにてお好きなデータ容量と利用日数を選んで購入します。
      eSIM-sanでは購入する際に、サイトへの会員登録が必要です。
      3.メールが届くので、QRコードを使ってeSIMをダウンロードする(渡航前の設定)
      購入が済んだら登録したメールアドレス宛に商品が届きます。
      QRコードを読み取ってeSIMのダウンロードを済ませましょう。
      設定手順について「iPhoneの場合」と「Androidの場合」にまとめています。
      4.現地に到着後、設定をする(渡航後の設定)
      台湾に着いたら、ローミング設定を行います。
      ローミング設定とは日本で利用していた回線をオフにして、ダウンロードしたeSIMをオンにすることです。
      設定手順について「iPhoneの場合」と「Androidの場合」にまとめています。
      ※それでも繋がらない場合は機内モードのオンオフ、端末の再起動で使えるようになります。
      帰国したら日本の回線に戻しましょう。
      日本の回線をオンにして、ダウンロードしたeSIMはオフまたは削除しても構いません。
      eSIMは返却や解約といった面倒な手続きが必要ないです。

      台湾eSIMを設定するときの注意点

      • SIMロックが解除済みかの確認
      • お使いの端末がeSIMに対応しているかの確認
      • 設定するにはインターネットが必要
      • 登録したeSIMは他の端末に移行ができない
        1.SIMロックが解除済みかの確認
        格安SIM(MVNO)は基本的にSIMロックが解除されています。
        また2021年10月1日以降に販売されている端末に関してはSIMロック解除がされています。
        上記にあてはまらない方で不明点がございましたら各通信事業者にお問い合わせください。
        2.お使いの端末がeSIMに対応しているかの確認
        お使いの機種によってはeSIMに対応していない、
        機種は対応しているけど、契約している通信事業者によってeSIMが非対応の場合もあります。
        こちらをご確認ください。
        3.設定するにはインターネットが必要
        eSIMをダウンロードする際にインターネットに接続している必要があります。
        Wi-Fiなどの安定した環境でのダウンロードがおすすめです。
        4.登録したeSIMは他の端末に移行ができない
        eSIMは他の端末に移行ができないため、複数台端末を所持している方は注意です。

        台湾旅行でeSIMを利用するメリット 

        • 台湾に着いたらすぐ使える
        • 持ち運ぶ手荷物を減らせる
        • オンラインで手続きが完結する
        • 他の通信サービスよりも料金が安い
          1. SIMカードだと空港での購入から受取など時間がかかります。eSIMなら渡航後にすぐに使えるようになります。
          2. Wi-Fiレンタルの場合は、常に持ち歩き充電する必要があります。eSIMならお使いのスマホ1つでOKです。
          3. eSIMならオンラインで申し込みから利用までできるので渡航前に慌てる必要もありません。
          4. 台湾eSIM3日間が669円から。台湾旅行の費用をできるだけ抑えたいならeSIMがおすすめです。

          台湾旅行でeSIMを利用するデメリット 

          • 対応している機種が少ない
          • SIMロック解除が必要
          • 複数人でのシェアはおすすめしない
            1. eSIM対応の機種は年々増えていますが、まだまだ非対応のものもあります。対応機種はこちらにまとめているので確認しましょう。
            2. 購入する前に必ずSIMロックが設定されていないか確認しましょう。SIMロックとは、各キャリアが自社以外のSIMカードのみしか使えないように設定をしていました。現在は原則禁止されていますが、2021年9月以前に購入した端末は制限がかかっていることもあります。SIMロックされている場合は、各キャリアに問い合わせてみましょう。
            3. eSIMは端末毎にダウンロードするものなので複数の端末にダウンロードができません。テザリングもできますが大人数で利用するとどうしても回線速度が遅くなるためおすすめしません。
            台湾のeSIMはeSIM-san(イーシムさん)で購入するのがおすすめ
            台湾のeSIMの設定方法、メリット・デメリット・注意点をご紹介いたしました。
            eSIMはオンラインで申し込みができるので、当日から利用できます。
            eSIM-sanではお手頃な価格で様々なデータ容量・利用日数のプランをご用意しています。
            短期旅行におすすめな2日間~4日間もあるので、是非利用してみてください。

            台湾のeSIMの基本スペック

            ネットワーク:Chunghwac

            通信規格:4G

            リセット時間:日本時間AM1:00更新(基準時:UTC+8)

            テザリング:可

            電話番号:無し

            データ通信エリア:台湾全土

            容量制限:1日の容量を超えた場合は回線速度が低速モードになります。

            台湾のeSIMに関するよくある質問

            Q.eSIMはどんなスマホでも利用できますか?
            A.eSIM対応端末、SIMロック解除がされていればご利用可能です。
            Q.容量を使い切ったらどうなりますか?
            A.低速モード(128kbps)になります。
            Q.電話番号つきのeSIMはありますか?
            A.データ通信専用の為、電話番号はございません。ただアプリを使用したメール、チャット、通話は可能でございます。
            Q.設定方法がわからない・繋がらないけどどうしたらよいですか?
            A.日本人によるLINEサポートがございます。こちらからお問合せください。
            Q.当日から利用できますか?
            A.10分前後でeSIMを発行するため、当日からご利用可能です。
            Q.商品・QRコードが届かない場合はどうしたらよいですか?
            A.日本人によるLINEサポートがございます。こちらからお問合せください。

            ← 古い投稿 新しい投稿 →

            おすすめeSIM